Oracle E-Business Suite (EBS) の寿命を延長する

CheerpJは、Javaデスクトップをインストールすることなく、モダンブラウザ上でOracle EBSアプリケーションにアクセスできる市場で唯一のソリューションです。

モダンブラウザ

CheerpJは、あなたの組織のJavaデスクトップ・インストールを置き換え、レガシー・ブラウザやコストのかかる仮想化ソリューションを廃止することを可能にします。

セキュリティの強化

CheerpJ は、Java プラグインと Java SE のインストールの必要性を排除することで、Java アプレットと Web Start のセキュリティ プロファイルを大幅に向上させます。

簡単な導入

CheerpJ はサーバー側の介入を必要とせず、ブラウザ拡張機能またはリバース プロキシとして展開できるため、展開プロセスがシンプルかつ効率的になります。

費用対効果が高い

CheerpJ を使用して既存の Oracle EBS をサポートすると、Java Desktop ライセンスが不要になり、メンテナンスとコンプライアンスのコストが削減されます。

最先端のテクノロジー

CheerpJ は WebAssembly を利用しており、最新のブラウザに代わる完全にサンドボックス化されたブラウザベースの Java を提供します。 Java アプレット、Java Web Start、スタンドアロン Java アプリケーションなど、変更されていない Java クライアント アプリケーションを実行できます。これは、Java プラグインや従来のブラウザ構成に依存する代わりに、広くサポートされている最新の Web 標準を使用してアクセスできることを意味します。

Java プラグインの依存関係なし

CheerpJ を使用すると、Java ブラウザ プラグインや Java デスクトップのインストールとライセンスが不要になります。

最新の Web 標準

CheerpJ を活用することで、Oracle EBS は最新の Web セキュリティ モデルの利点を継承します。

Oracle EBS 用 CheerpJ の実装

CheerpJは通常、ブラウザ拡張機能(ChromeおよびEdgeと互換性がある)として、またはリバース・プロキシと同様のサーバー側統合として、既存のOracle E-Business Suiteインストールに統合されます。

CheerpJ では、アプリケーション サーバー、データベース、ネットワーク アーキテクチャを変更する必要はありません。

数分以内に、最新バージョンの Chrome または Edge を使用して、既存の変更されていない Oracle EBS インストール上で CheerpJ をテスト実行できるようになります。

EBS アプリケーションの動作を検証したら、CheerpJ をすべてのデスクトップ フリートへのブラウザ拡張機能として (通常は GPO を介して実現されます)、またはサーバー側の統合として (この場合は GPO は必要ありません) としてデプロイすることを選択できます。が必要になります)。当社のエンジニアリング チームは、どちらのプロセスでもお客様をご案内いたします。

CheerpJ と Oracle EBS の詳細については、こちらをご覧ください。

Javaのあらゆるニーズに応えるブラウザベースのソリューション

Java デスクトップの要件を、安全で最新の HTML5 の代替品に置き換えます。

jaJapanese